Follow by Email

Translate

Translate

2018年3月27日火曜日

3月27日 隅田川の桜

満開、人も多い
 毎年定例の隅田川の桜を見に向島に伺って来ました。今日は暑いくらいです。



桜橋たもとから言問橋を、屋形船も

屋形船も浮かんでいましたが、船ですと夜の方が絶対に素敵です。
桜橋からスカイツリー
 春になって湿度も上がってきて、春霞という感じです。
毎年定番の桜橋の下に停めたコルベット
桜の名所は数々あれど、隅田川は訪れる価値はありますね。1度はお薦めです。

別に三春の滝桜は、日本最高の木ですね。絶対に見る価値はあります、超お薦めです。


2018年3月8日木曜日

3月7日 箕輪スキー場

ホテル前から箕輪山、奥に上級者コース
 7日の天気予報が良かったので、急遽福島県の箕輪スキー場へ伺ってきました。JRのスキーツアーです。
ネットで申し込みですが、相変わらず駅の指定席券売所まで紙キップをとりに行かなければなりません。モバイルスイカで利用できる様にしてくれよという感じ。
東京駅22番ホームに入る、やまびこ123号
 東京駅から7時12分発のやまびこ123号で福島まで向かいます。古い車両なのでパソコンや充電用のコンセントはありません。帰りは最新車両でしたのでコンセントがありました、座席の前後幅も広かったですね。
土瓶にはいった駅弁
 駅地下に100種類ほどの駅弁を販売している弁当屋さんで、明石の「ひっぱりだこ」弁当を購入、車内に持ち込みます。これはお気に入り。
8時42分、福島駅着。箕輪スキー場へのシャトルバスを待ちます。昨シーズンまで無料でしたが、今季から往復二千円。利用客は減るでしょうねー。

ゲレンデトップから吾妻山方面
快晴と言ってよい天気です、薄い雲が流れる感じ。今年は雪の降りは早かったのですが少雪。山頂方面はブッシュが出ています。ゲレンデは硬くてガリガリ、人工スキー場の様です。
ゲレンデトップから磐梯山
ゲレンデトップからは磐梯山、猫魔スキー場、檜原湖、はるかに飯豊連山でしょうか。終日、磐梯山を見ながら滑りました。
ゲレンデ上部から箕輪山を見上げる
スノーシューで降りてくる登山者もいます。午後からは1番上の写真のとおり雲は無くなり、きれいな青空となります。ザックとシールを持ってきて山頂へ登れば良かったと思います。
滑りを楽しんで16時45分のシャトルバスで福島駅へ。やまびこ号で東京へ戻りました。
ゲレンデトップから吾妻山方面

2018年3月5日月曜日

3月3日 伊予ヶ岳 登頂

県道から伊予が岳
 昼食後、県道を伊予が岳へ向かいます。峠の様な所で伊予が岳が手にとる様に見えます。
富山からの縦走路の登山口もありますが、車を停める所がありません。
直ぐそばの民家の前に軽乗用車が停車し、老女が乗っています。尋ねると「この先の信号を左折、直ぐ鳥居があるので、中に入っていくと駐車場がある。」との事で向かいます。
県指定文化財の天神社
鳥居をくぐると神社があり中の駐車場に入れます。10台ほどの車が。
登山靴に履き替え、林道を進みます。標識等完備されています。

進んで直ぐに梅林が、農家が手入れでしょうか軽トラが入っていきます。
登山道
道は大変に良く整備されています。コンクリの丸太を模した物が、手すりや道の上に並んでいます。照葉樹は良いですねー。
中腹で富山からの道と合流します。富山下山中に会った方とも再びお会いします。この方は公共交通利用との事。山頂まで数名と会います。
ロープ場
山頂手前150mは鎖場の急傾斜となります、太いロープですが。
ここを5歳未満の子供たち6人位が親と降りてくるんですよ。
午後の陽射しは暑く、汗ぐっしょりとなり額を手拭いで拭きながら登ります。
山頂から県道を見下ろす、奥に富山
直ぐに南峰の山頂となります、なかなかの眺望です。
南峰から北峰

南峰山頂から富山

南峰の岩峰は鎖で囲まれています。

北峰から南峰

岩峰をクローズアップ
南峰へ戻ると富山下山中に会った20数名のツアーで混雑しています。先に降りられてしまい、10数分待ちましたが、追い越して降りる事にし抜かせてもらいます。
一気に下山し、駐車場に戻ります。
着替えて館山に向かい、そして戻ります。南房総は観光地でもあり、道の駅は満車で入る事もできません。富山ICから館山自動車に載りアクアラインへ。
これが失敗、木更津から川崎まで車がつながる大渋滞。京葉道路へ行けば良かった。
それでも館山自動車と首都高のドライブは楽しめましたが。
アクアライン、海ほたるからトンネルに入る所

2018年3月4日日曜日

3月3日 富山(とみさん) 登頂

伊予が岳からの富山
 前日に館山自動車道君津PAで車中泊し、富山IC下車セブンイレブンで朝食とコーヒー。寒くて新聞を読んだり、コーヒーでウダウダします。
程よいところで、県道に入り富山へ向かいます。
福満寺
 無料駐車場の看板は小さく、福満寺も奥に引っ込んでおり通り過ぎてしまい、戻ります。
館山自動車のガードをくぐって、直ぐの所でした。
着替えて8時出発します。10分で小さな福満寺、スマホのジオグラフィカにキャッシュを読み込ませます。今回から使いましたがなかなか良さそうです。
今のスマホのGPSは専用機より優れているとの情報もあります。
寺の右へ舗装された林道を進みます。
房総の照葉樹の森を進む
 陽射しの差し込む明るい照葉樹の中を進みます。3合目から土の道となります。
館山方面
 やがて視界が開け、南東方面を一望。館山湾越しに街並みが。山々が連なる東側には太平洋も望めます。
仁王杉
 直径1m、高さ15m程の杉に着くと南峰への標識。左の石段の上にお堂が。
粗末なお堂

藪の中のお墓
 人工的に広い跡地には墓や遺物があり、かってはここに寺社があった事を偲ばせます。
灯篭と水盤
 最高点には電波塔施設があり藪で、お堂の方からは行けない様になっています。

北峰へ進みます、直ぐに鞍部へ。南の眺望がありますが、何と車道が来ているのです。
艶消しですねー。この鞍部に伏姫からの道が合流します。同時、車道が伊予が岳へのコースです。
鞍部からは直ぐに北峰となります、広い平地に7m程の木製展望台や皇太子夫妻の記念碑、テーブルやベンチが並びます。男性が食事中です。
南西側、浦賀水道
 展望台から浦賀水道を挟んで横須賀。左奥に伊豆半島、富士山。
すぐ下に岩井の街並み、奥に館山湾。更に奥には伊豆の島々
 展望台からは結構な眺望です。写真を写したあと鞍部に戻ります。伏姫方面へ下ります。単独2名と行き交います。

 中腹まで降りますと、何と大型ダンプが通行できる舗装道路に。カブも停めてあります。普通乗用車も数台停めれます。
ここからアスファルト歩きとなります、巨大な砂防ダムが。

20人以上のツアーとすれ違います。後で伊予が岳で会うことになる千葉市からのツアーだそうです。
駐車場へ戻り、着替えて金谷の船主(ふなおさ)さんへ向かいます。
黄金鰺
金谷までが東京湾、内湾であり、隣の保田は外海となります。魚は内湾の方が美味しく、金谷の鰺は黄金鰺と呼ばれ有名です。
一時、金谷射撃場へ通っていた頃は、よく船主さんへ伺いましたね。
鋸山等の観光地やフェリー発着場がある金谷は大賑わいです。食事後、伊予が岳へ向かいます。


2018年2月23日金曜日

Sony Xperia XZ1




Xperia XZ1
 使用していたXperia Z3compactが電話の際に画面が真っ黒になったり不調になったので最新のXperia XZ1に買い換えました。
Z3は何度か落としていますし、液晶も3回張り替えています。修理屋さんに「フレームが歪んでいる。修理するよりも買い換えた方が良い」との助言もありましたし。
左がXZ1、右がZ3です。XA1は少し薄くなりました、角は尖ってますますね。
compactは小さくて見ずらいので今回はcompactにはしませんでした。
ちょっと大きい方が、やはり断然見やすいです。
アンドロイド6にアップグレードしたZ3でしたが、最新のアンドロイド8のXZ1は段違いです。サクサク感が全然違う。

海外版はアマゾンで6万弱ですが、お財布携帯が使えません。私はそれを使いたいので国内版にしました。
ビッグカメラ&コジマさんで一括全額現金購入は断られました。半年使用後にsimロック解除との事です。
海外版は6万弱、国内版は10万以上(キャリア金額)ですから、差額も儲けなのでしょう。
ヤフオクでsimロック解除の物を8万で落としました。そっくりデータ移行もできますが、不要のアプリもあったので新規インストールにしましたがアプリ設定には結構時間がかかりました。

USBは今までの上下がある物とは違い、上下が無いUSB3となりまして今までの充電器は使えません。
それ用の新製品も販売されていますが、旧製品を利用できるアダプタを900円で購入使用しました。

アマゾンで前面強化ガラスとプロテクターを購入装着しました。

さて使用感は抜群です。最新機種を楽しんでいます。



2017年12月13日水曜日

12月10日 鹿岳(かなたけ)登頂

四つ又山から、右後ろは浅間山
 8時、車を産廃の前の指定駐車場に入れ出発します。直ぐに鹿岳登山口となり杉造林の中を登って行きます。このコースは失敗、杉造林で稜線手前まで眺望がありません。
稜線手前で落葉した雑木林となり急登となります、かすかに雪も。鞍部の稜線は細い、林越しに一の岳と二の岳が見え、二の岳へ向かいます。
下仁田側は覗き込む様な絶壁です、ただ木は生えていますね。下仁田側へ巻いて岩峰を登ります。木の梯子を登ると固定された鎖があります、高度感は満点です。
二の岳から一の岳を。左は四つ又山
 9時半、山頂着、360度の眺望で素晴らしい。お薦めです、天気も快晴で彼方までの眺望。
山頂から浅間山
 お薦めの山ですね。二の岳は一の岳より標高が高く、見下ろす感じになります。
妙義山の右に赤城山、後ろ奥に尾瀬の山々も
 荒船、浅間、榛名、妙義、赤城と北側の眺望は素晴らしい。反対に南側は特徴の無い山々です。
妙義山望遠、奥に尾瀬の山々

手前が二の岳西側の岩峰、その後ろ中間が黒滝山
 二の岳山頂は1時間いても飽きないでしょう、お薦めです。
来た道を戻り、一の岳へ向かいます。まあ、急ですが鎖場もなく直登な感じで山頂へ。一の岳は周囲は岩盤の絶壁なのに、山頂は下仁田側の東半分は木が生えており眺望は今一です。
荒船予定だったが凍結で、夏タイヤで行けずに転進したという若い群馬からの3人連れが食事中です。
一の岳から二の岳を
 鞍部に戻り、下仁田側の基部を巻いて四つ又山へ向かいます。見上げるとオーバーハングの絶壁です。
尾根筋をゆるゆると降って行くとマメガタ峠です、途中見晴らし台があり一の岳を振り返るビューポイントとなります。2カップルと行き交います。

峠からしばし登って行くと7名のパーティとすれ違います。皆、大久保登山口から四つ又山を登って鹿岳登という感じで、その方が良いですね。それで高原登山口へ降りるのが定番なのでしょう。
最初の四つ又山ピークから鹿岳
 最初のピークに着きます、3つのピークにそれぞれ山頂という標識がありますが四つ目が最高点の本当の山頂となります。
四つ又山山頂
 四つ又山山頂からは南牧村集落と下仁田の街並みが窺がえます。
四つ又山山頂から鹿岳
 大久保登山口へ向けて下山します。落葉した広葉樹林の中を行きます。やがて杉造林となると何十段もの石垣が。
数十年前は畑だったのでしょう。
何十段もの石垣

杉造林の中を抜けると一の岳が
 やがて大久保集落の登山口に、空き家も多い。14時に車へ戻りました。
着替えた後、象ヶ滝へ向かいましたが、勧能という集落の所で電光掲示板の路面凍結という表示で諦めました。
星尾の民宿に泊まったのですが夏布団で寒くて参りました。
11日は立岩(たついわ)予定でしたが、路面凍結で諦めて東京へ帰りました。
下仁田IC近くから四つ又山と鹿岳、手前はねぎ畑
懸案だった鹿岳は眺望は素晴らしく、大変に良かったです。南牧村の他の山も登りたいですね。