Follow by Email

Translate

Translate

2017年12月13日水曜日

12月10日 鹿岳(かなたけ)登頂

四つ又山から、右後ろは浅間山
 8時、車を産廃の前の指定駐車場に入れ出発します。直ぐに鹿岳登山口となり杉造林の中を登って行きます。このコースは失敗、杉造林で稜線手前まで眺望がありません。
稜線手前で落葉した雑木林となり急登となります、かすかに雪も。鞍部の稜線は細い、林越しに一の岳と二の岳が見え、二の岳へ向かいます。
下仁田側は覗き込む様な絶壁です、ただ木は生えていますね。下仁田側へ巻いて岩峰を登ります。木の梯子を登ると固定された鎖があります、高度感は満点です。
二の岳から一の岳を。左は四つ又山
 9時半、山頂着、360度の眺望で素晴らしい。お薦めです、天気も快晴で彼方までの眺望。
山頂から浅間山
 お薦めの山ですね。二の岳は一の岳より標高が高く、見下ろす感じになります。
妙義山の右に赤城山、後ろ奥に尾瀬の山々も
 荒船、浅間、榛名、妙義、赤城と北側の眺望は素晴らしい。反対に南側は特徴の無い山々です。
妙義山望遠、奥に尾瀬の山々

手前が二の岳西側の岩峰、その後ろ中間が黒滝山
 二の岳山頂は1時間いても飽きないでしょう、お薦めです。
来た道を戻り、一の岳へ向かいます。まあ、急ですが鎖場もなく直登な感じで山頂へ。一の岳は周囲は岩盤の絶壁なのに、山頂は下仁田側の東半分は木が生えており眺望は今一です。
荒船予定だったが凍結で、夏タイヤで行けずに転進したという若い群馬からの3人連れが食事中です。
一の岳から二の岳を
 鞍部に戻り、下仁田側の基部を巻いて四つ又山へ向かいます。見上げるとオーバーハングの絶壁です。
尾根筋をゆるゆると降って行くとマメガタ峠です、途中見晴らし台があり一の岳を振り返るビューポイントとなります。2カップルと行き交います。

峠からしばし登って行くと7名のパーティとすれ違います。皆、大久保登山口から四つ又山を登って鹿岳登という感じで、その方が良いですね。それで高原登山口へ降りるのが定番なのでしょう。
最初の四つ又山ピークから鹿岳
 最初のピークに着きます、3つのピークにそれぞれ山頂という標識がありますが四つ目が最高点の本当の山頂となります。
四つ又山山頂
 四つ又山山頂からは南牧村集落と下仁田の街並みが窺がえます。
四つ又山山頂から鹿岳
 大久保登山口へ向けて下山します。落葉した広葉樹林の中を行きます。やがて杉造林となると何十段もの石垣が。
数十年前は畑だったのでしょう。
何十段もの石垣

杉造林の中を抜けると一の岳が
 やがて大久保集落の登山口に、空き家も多い。14時に車へ戻りました。
着替えた後、象ヶ滝へ向かいましたが、勧能という集落の所で電光掲示板の路面凍結という表示で諦めました。
星尾の民宿に泊まったのですが夏布団で寒くて参りました。
11日は立岩(たついわ)予定でしたが、路面凍結で諦めて東京へ帰りました。
下仁田IC近くから四つ又山と鹿岳、手前はねぎ畑
懸案だった鹿岳は眺望は素晴らしく、大変に良かったです。南牧村の他の山も登りたいですね。

2017年12月4日月曜日

12月2日 黒滝山 登頂

観音岩から鹿岳(かなたけ)、奥に妙義山、素晴らしい眺望
群馬県南牧(なんもく)村の黒滝山へ登って来ました。良かったですよ。
東京を4時半に出発、上信越自動車道の下仁田IC下車。ナビをセットして登山口の黒滝山不動寺へ向かいます。手前まで鹿岳登山口と一緒の道です。
寺下700mの第1駐車場へ車を停めて、寺へ向かいます。寺務所の隣に民家もあり朝餉の支度で煙突から煙が上がり、洗濯機の音も聞こえます。
この時、印刷した地図を車に忘れた事に気づきます。


寺の前の杉林の中を進むと5分で林道へ当たります。左は六車、右は荒船山の表示があり、荒船山方面へ行きます。間違いでしたが。
六車も右方面でこの標識は問題あり。
立派な鉄柵も、昔は整備され行き来もあったのでしょう。戻ってから写す
 ずっと杉造林で軽トラの走れる道ですが、踏み後はありません。平らな単調な林道を進むと20分程で右手に鹿岳が手にとる様に見えてきます。標識やマーキングは一切ありません。40分程進んだ所で、違うのだろうという事で戻ります。

戻る途中で寺の月西岩の岩峰の上に行きます。祠があり、落石防護ネットのワイヤーが打ち込まれています。下を覗くと寺が見えます。

間違えた標識まで戻り、先へ進むと直ぐに馬の背への標識があり進みます。先行2名の鈴の音が聞こえます。後続4名の姿も。

馬の背を見下ろす
馬の背は幅50cm位で両側絶壁ですが、50cm毎に鉄の杭が打ってあり問題ありません。むしろ垂直の梯子の方が凄い感じです。
先行2名を追い抜きます、73、4歳とお見受けしましたが。

同じ所から不動寺、月西岩が大きい。奥に四ツ又山、鹿岳がちょこっと
見晴らし台から少し戻って観音岩へ向かいます、直ぐです。50cm程の観音様が据え置かれています、ここは360度の眺望。快晴で遠くまで見えます。黒滝山で1番の眺望です、写真を楽しみます。

観音岩から鹿岳と四ツ又山

観音岩から西、上底瀬(かみそこぜ)の集落と寺に戻る林道が見えます
九十九谷を降りて行きます、まあ急な降りです。半分位降りて鷹ノ巣山です。不動寺の案内板では鷹ノ巣岩となっており、そちらの方が当たっている。
鷹ノ巣山から下底瀬の集落
鷹ノ巣山から上底瀬へは杉造林の中を降りて行きます。直ぐに2車線のアスファルトに出ます。集落を少し歩くと黒滝山への表示板があり、林道を登って行きます。
養豚が行われており、臭います。豚舎から大きな豚が出てきて鳴きます。豚の鳴き声を聞くのは、ほんとうに久し振りの感じです。

石垣が何段も
林道の随所に石垣が何段もあり、この山奥が何十年も前には畑だった事が窺がわれます。

写真や眺望を楽しんで11時分岐点に戻り、寺へ降ります。南牧村の山々は大きくないので、時間も2、3時間で登山というよりハイキングといった趣きです。

樹齢1200年の県天然記念物の杉と山門
御朱印を頂き参詣します、岩峰沿いに細長く作られた境内を進みます。
不動明王の後ろの黒滝
岩盤から水がちょろちょろと流れ黒く見えます、黒滝はここから名付けられたのでしょうか。
山門脇の紅葉

入り口の鐘堂、崖の上です
黒滝山は、そのもののピークは無く、寺を含めて地一帯を呼称する様です。山も寺も変化に富み、眺望も良く、お薦めです。

2017年11月26日日曜日

11月16日 深沢幸雄 展


 千葉県立美術館で開催中の銅版画家の深沢幸雄展へ伺って来ました。
今年1月に92歳で逝去、追悼展という事です。千葉県市原市在住だった事もあり、県立美術館に蔵が多いです。

100点以上の展示で見ごたへがありました。
青い瓶の中の形
 2000年代に制作された青いシリーズで、1番印象的だった作品。実際の色はとても素敵です。抽象がほとんどの中にあって具象です。


写真はネットから借用しました。

2017年11月19日日曜日

11月12日 北野恒富 展覧会


千葉市立美術館で開催中の北野恒富展へ伺って来ました。美人画ですね、作品も多くお薦めです。

企業のポスター
 企業のポスターの展示も多く、これも素敵でしたね。

写真は美術館ホームページからです。

2017年11月8日水曜日

11月4日 日光散策

半月山展望台から
 ミシュランタイヤの皮むきも兼ねて、3日夕方から日光に伺って来ました。
中禅寺の先の半月山への道のゲートは7時開門です。6時過ぎから車が並び、私も6番目に並びました。
終点の半月山駐車場手前道路脇に男体山展望台もあり、こちら目当ての方も多いです。
半月山展望台は駐車場から20分程、山を登らなければならないからです。でも、ここからの眺望は日光一でしょうか。八丁出島が造形美を添えてくれます。
紅葉は終わっていましたが素敵な景色です。続々と人が上がってきます。
駐車場から皇海山
 駐車場からの袈裟丸連峰も素敵です。10月は天候が悪く、登山は出来ませんでしたね。
男体山展望台から
 男体山展望台へ寄りますと、もう雲がかかって来ました。この後、曇天となり、山々には雲がかかってしまいました。
中禅寺の先へ戻り朝食とします。その後、西ノ湖へ向かうため赤沼駐車場へ向かいます。
一般車は入れず、低公害バスに乗り換えるためです。
戦場ヶ原界隈は人で溢れていますが、西ノ湖や千寿ケ原へ向かう方は僅少です。


バスは落葉した林の中の細い道を進んでいきます。西ノ湖入り口で下車、湖に向かいます。他に5人の観光客も下車します。

平らな林道を進んでいくと赤岩滝との分岐となります。この滝も素敵だそうです、来年行ってみたいと思います。
西ノ湖
 20分程で西ノ湖に着きます。湖は水位がとても上がっており岸辺の木々も水に浸かっています。
前回は行かなかった西が浜へ向かうため、右手に進みます。「関係者以外立入禁止」のプレートがかかっていますが、自己責任で林道を進んでいきます。
一直線の林道
 山裾を巻いて、平らで真っ直ぐな林道を行きます。

直ぐに西ヶ浜への標識があります、西ヶ浜へ向かいます。

晩秋の景色の西ヶ浜へ、水はとても綺麗です。湧き水らしく盛んに気泡が上がります。

 草は枯れ、水位が上がっています。木々も水に浸かっています。晴れていれば左に男体山が見えるはずです。
しばらく景色を楽しんだ後、分岐まで戻り林道を先へと進みます。

やはり・・。 倒木や伐採木が散らばる放棄造林があります。


バス停方面へ戻り、手前から中禅寺湖西岸の千手が浜へ落葉したブナ林の中を進みます。
一面を覆っていたシロヨメナも全て枯れています。
中禅寺湖手前で、男体山が雲に覆われて見えないため、左に曲ってバス停へ向かいます。
バスの時間まで1時間近くあるため、道路を西ノ湖入り口バス停まで歩きます。

12時47分のバスに乗り、時間もあるので小田代ヶ原で下車し赤沼車庫まで歩きました。30分位でしょうか、若い中国人のカップル数組に。駐車場では湘南NO.のレンタカーの中国人にも。


ポツリポツリと雨が落ちましたが、何とか赤沼までは持ってくれました。赤沼の売店で昼食後に東京へ戻りました、大渋滞の東北道、首都高を。

2017年11月5日日曜日

11月1日 コルベット タイヤ交換、リアブレーキパッド交換



 フロントタイヤはブリヂストンのポテンザS001、245/40-18からミシュランのPS4の同じサイズに。
リアはポテンザ050の295/35-18からミシュランのPSの同じサイズに交換。
価格com.で最安のS001が売り切れで、ミシュランがあったからです。フロント1本23,000円、リア1本35,000円でした。
ヤフオクですと1本5万前後ですから格安です、兵庫県の業者です。オーダーして3日後には届きました。
リアタイヤ
セロファンだけの簡易パッケージで届きます、これはリア。ブリジストンに比べて柔らかいです。あとサイドリムが薄い。

組み込んだフロントタイヤ、ミシュランのロゴが大きい

リアブレーキ
リアは大口径ローターにC6ZO6のキャリパーを移植してしています。4ポッドでパッドは1ポッド1枚で計4枚を使います。純正は減りも早くパッド滓すも凄いです。高速を走るとホイルが真っ黒になります。ローターへの攻撃も激しく、ローターは2枚目です。

キャリパーの厚みが凄い
3日夕方から日光へ出かけましたが、ブレーキの効きは良くなった感じです。ブレーキパッドは部品代が35,000円、工賃6,480円。タイヤは格安でしたが4本で116,000円、工賃8,640円。他にエンジン整備も行ってるので結構な出費でしたね。
皮むきに日光へ出かけてきました、詳細後日。良かったですよ。